シンガポールではクレジットカードの年会費を免除できる?! その手続きの方法は?

シンガポールのクレジットカードは、年会費が設定されていますが、申請すれば利用状況によって年会費を免除できます。

私がシンガポールでクレジットカードを作ってから1年後、初めて年会費が請求されるタイミングで、どのように申請したのかを紹介します。

目次

DBSクレジットカードの年会費免除申請方法

私は、DBS Bankのクレジットカードを使っているので、DBSの手続きを前提にお話します。

DBS Bankのサイトを調べてみたところ、年会費免除の方法が書いてある箇所を発見でき、インターネットバンキング内のフォームから申請すればいいことがわかりました。”DBS”, “waive”などで検索しても、該当ページが見つかります。

あわせて読みたい
Waive Credit Card / Cashline Fees & Charges | DBS SingaporeSubmit your waiver request for annual fee, finance or late charge via our digital services.

しかし、申請時期についての記載が見当たらず、とりあえず丸1年まであと1か月を切ったタイミングで申請してみました。

その結果は、「該当のチャージがない」と連絡が返って来ました。どうやら、手数料がチャージされた後に手続きすべきだったようです。

 今度は年会費の請求がされた後に再度チャレンジしました。

その後特に連絡はありませんでしたが、後日、カードの明細には手数料免除がしっかりと反映されていました。

シンガポールのクレジットカードは還元率が良く、年会費も免除手続きにより実質的にはかからないので、大変お得です。

よかったらシェアお願いします。
目次
閉じる